都道府県からiPhone修理屋さんを探す

こちらでは、全国のAppleの正規サービスプロバイダや非正規のiPhone修理業者を都道府県別にまとめています。更に市町郡からの検索やiPhone修理屋マップから簡単に近くの修理業者を探すことができます。また、分かりづらい修理料金のまとめや他店舗との比較も掲載していますので、是非活用してください。

iPhoneの故障で多い修理対応ベスト3

画面割れによるフロントガラスの交換

フロントガラスが割れたアイフォン

iPhoneの修理で一番持ち込まれるものが落下に伴うフロントガラスのひび割れです。高い耐久性を持っている高耐久性サファイアガラスを採用するなどフロントガラスの耐久性を高めていますが、落下時に一ヶ所に集中して衝撃を受けると簡単にフロントガラスは割れてしまいます。

中には、ひびが入っているだけで通常通り操作でき支障はないとそのまま修理せずに利用する方がいます。フロントガラスのヒビ割れは、内部にガラスの破片が飛び散っている場合もあり放置すると液晶部分や基盤にまで問題が発生することもあります。

最悪の場合は、データ復旧まで修理しなければならない事態に陥ることもありますので、ひびが入ったらそのまま使用せずに一度Appleの正規サービスプロバイダか非正規のiPHone修理業者さんに診断してもらい適切に修理対応してもらうようにしましょう。

電池切れによるバッテリー交換

アイフォンの純正バッテリー

バッテリーは使用してから2年目ぐらいが交換の時期と言われています。バッテリー容量は最新モデルが発表されるごとに向上していますが、それと比例して端末の性能が飛躍的に上がっているため、頻繁に使用しているとバッテリーの持ちが短く感じる方も多いかもしれません。

バッテリーは無理に使用し続けるとバッテリーが膨張し、基盤だけでなく本体や液晶パネル、フロントガラスが破損する場合もあります。バッテリーは消耗品ですので、バッテリーの持ちが短く感じたらすぐに交換するようにしましょう。

浸水や水濡れによる水没修理

水に濡れたアイフォン

雨の日の使用や、トイレ・お風呂・洗濯機の水周りでの使用など過ってiPhoneに水がかかってしまったり、水没させてしまったという方も多いです。iPhoneは防水機能を備えていません。水没してしまうと電源が入らない、画面が表示されないといった深刻な状況に陥る可能性が非常に高くなります。

そうなるとデータだけでもバックアップしようとしても認識してくれませんので、データが消滅してしまうこともあります。iPhone修理屋でも水没によるデータ復旧を断念する業者さんもいますので、水没してしまったら早急に修理にだすようにしましょう。

ちなみに、アップルは防水技術の特許を申請していることもあり次世代iPhoneへの防水機能に期待が高まっています。是非、実現してもらいたいところです。

iPhone故障時の症状から選ぶ

iPhone故障時の機種から選ぶ